カメラ ひろばロゴ ビデオカメラ

お知らせ

ODVF大田デジカメ・ビデオクラブ連盟

2022年4月15日
連盟「ひろば171号」を、アップしました。
御高覧頂ければ、幸いです。
webサイト管理人 工藤 英明

金坂四郎理事長のお言葉

『ひろば100号』を迎えて
2001年12月に「ひろば1号」を発行し14年6カ月を歩み2016年5月通過点である「ひろば100号」を迎えることが出来ました。
連盟とし今日を迎えられた事を大変喜ばしく思います。
「ひろば」は連盟の活動史であり、時代の流れと共に連盟の歴史を垣間見ることが出来る貴重な広報誌と言えるでしょう。
2001年11月15日、6クラブを合併し「大田ビデオクラブ連盟」が発足しました。
2008年にはデジカメの爆発的普及により「大田デジカメビデオクラブ連盟」に改名され2009年4月には大田区内11か所の文化センター全てにデジカメ(デジカメ・ビデオ)クラブが発足されました。
デジカメブームに乗り2014年には過去最大16クラブ会員数175名まで発展致しました。
ここまでODVFを築き上げた寺田元代表・大澤元事務局長の功績は大きく感謝の念に堪えません。
近年巷ではデジカメブームに陰りが見えタブレット・スマートフォンに押され気味です。
ODVFはそれらの良いところを取り入れながら、更なる発展を目指しフォトムービーをより楽しみ、写真撮影をより楽しみクラブを楽しみ生活の一部とし継続致しましょう。
クラブで大事な事は活動方針とコミュニケーションです。
常に意識して下さい。
連盟方針「楽しくなければクラブではない」及び年間目標「更なる感動を!」。
時代の流れと共にODVFも改革されています。次期通過点「150号」更なる発展を期待し楽しみにしましょう。
最後に、「ひろば」編集担当者の皆様のご尽力に感謝いたします。 以上

寺田秀司前代表のお言葉

「継続は力なり」70号を迎えた「デジカメ・ビデオ連盟のひろば」

2001年11月15日に6団体77人で結成された「大田ビデオクラブ連盟」は結成と同時に会報として「ビデオ連盟のひろば」を発行しました。

2007年3月から「デジカメ入門講座」も開設して団体名を「大田デジカメ・ビデオクラブ連盟」に改めてから会員が増え今日14団体約160人に発展しています。

この発展に大きな力になったのが「デジカメ・ビデオ連盟のひろば」の継続発行です。

2001年12月に第1号を発行し、2009年3月の13号までは、必要に応じて不定期に発行してきましたが、2009年4月号から毎月1回の定期発行を勝ち取ってきました。

私たちのこの会報の特徴は、簡単に読めるようにA4版1枚の裏表に限定しています。

表面には、会の計画や行事を出来るだけ詳しく親切に全会員に伝え、会員の納得と協力を得るようにしています。

同時に私たちの活動を知らない区民を誘うために加入14団体の一覧表で一目で活動内容と規模が解かるようにしています。

また裏面には投稿欄を設けて参加した会員の感想や意見を毎回掲載しています。この中で多いのは、パソコンを使うと、写真が動画に変わることへの驚きと感動です。

そしてカメラやパソコンを学習しようとする「生涯学習」への意欲です。

この感想や意見は読む人に共感と勇気を与えています。

私たちは、会の主人公は一般会員である。という理念のもと、お互いに学びあい、教えあって老後も心身共に健康で豊かなそして生き甲斐のある生活を目指して今後もけいぞくしていきます。

終。

webサイト編集・管理人 工藤 英明 記

インフォメーション

2014年8月3日
ODVFホームページから、リンクして新規に当該「ひろばのページ」を作成しました。
御高覧願えれば、幸いです。
今後とも、ODVFホームページ共々ご活用いただけます様、願っています。
webサイト編集・管理人 工藤 英明